尿失禁の予防法

トップページ > 尿失禁の予防法

尿失禁の予防法

■日常生活に注意を払う
過活動膀胱は冷たいものに触ったり、寒いところに
行ったりすることで引き起こされることがあります。

 

ですから、症状を和らげるために、なるべく暖かい環境下で
過ごすといった日常生活上の注意も効果があります。

 

切迫性尿失禁の場合には、おしっこがしたいと思ったときには
間に合わないので、早めにトイレに行くとか
外出時にあらかじめトイレの場所を確認しておく
といったことを習慣付けておくとよいでしょう。

 

例えば、テレビを見ているときに催したら、終わりまで付き合わ
ずそ
の場でトイレに走るといった感じです。

 

尿失禁の予防法

 

■トイレ環境の整備にも目を向ける
お年寄りの場合には、夜間の備えとしてトイレに近い部屋で
休ませたり、ポータブルトイレや採尿器を使ったりする
といったトイレ環境の整備も尿失禁症状のコントロールや
予防に役立ちます。

 

また、お年寄りに多い認知症による機能性尿失禁に対しては
誰かがトイレに連れて行くといった、周囲のケアが大切です。